topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雛祭り - 2012.03.06 Tue

3/3桃の節句の日、名古屋市の徳川美術館で開催中の
「尾張徳川家の雛まつり」にバスツアーを利用して行ってきました。
晴天

62.jpg

まずはお隣の徳川園を見学。
尾張徳川家の邸宅跡で池泉回遊式の日本庭園です。
64.jpg
時期的にお花が咲いていなく、ちょっと寂しかったですが
園内はきれいに整備され、桜のころに来たらきれいだろうな

そして美術館へ・・
こちらロビーに飾ってあったお雛様。大きくて立派!!
お内裏様が足を投げ出しているのがちょっとユニーク(笑)
65.jpg

展示室内は撮影禁止なので紹介できないのが残念ですが

常設展示室では徳川家の武具や刀、茶の道具などを展示、
名古屋城二之丸御殿の「猿面茶室」や「能舞台」を復元してあります。

特別展示室では、徳川家の姫君のためにあつらえた雛人形や数えきれないほどのお道具、
金箔や絵巻で彩られた貝遊びの蛤などが所せましと並べられています。

中でもひときわ豪華なのが、「お嫁入り道具」です。
お道具の一つ一つにきちんと「家紋」が入っていて
着物や身の回り品の鏡やお化粧道具、将棋や囲碁の道具まで、一式揃っています。
実際のお嫁入り道具のミニチュア版なのだそうです。

栄華を極めた大名家ならではの華麗な雛人形でした。


お昼は美術館内の「宝善亭」にて
61.jpg
雛御膳を頂きました
季節のお料理がきれいに並べられ、ご飯は豆ご飯♪
美味しかったです~
66.jpg

そして名古屋を離れ、お次は三重県津市の結城神社へ
300本の枝垂れ梅が見事な神社です。

・・・・・が・・・
60.jpg

本来なら満開の時期なのに
今年の寒さで開花が遅れ、まだまだ三部咲きと言ったところでしょうか・・
満開だったら見事だったろうな~
63.jpg

それでも頑張って咲いている梅に感謝
71.jpg


雛祭りの日に女友だちと、お雛様見て雛御膳を頂き、梅を観賞・・・
女の子らしい節句となりました
(このバスツアー、参加者見渡すと、「かなり昔の女の子たち」の集まりでした・・笑)
スポンサーサイト

● COMMENT ●

きらびやか☆

将軍家のおひざ元、尾張のお雛様たちってどんだけ豪華なんだろ~v-291
足を出してるのは「享保雛」って言うらしいね。
時代によって色々な形の雛飾りがあるんだって、私も見学に行って初めて知ったよ~
TVもゲームもカフェもない(笑)その当時のお姫様達の唯一の遊び道具だったんでしょうね。

上品な昼食とちょっと咲きの梅、春の足音が確実に聞こえてくるバスツアーだったねv-344

honeyちゃん~

安泰だった徳川時代を垣間見た気分だったよ~(●^o^●)
へぇ~!足を出してお行儀悪いと思ったらそういうお雛様なんだね!笑
ネットも韓ドラ観賞もwiiもなかった当時のお姫様(笑)
季節の行事や遊びに親しんでいたんだね!

今年は寒くてなかなか春が近づかなかったけど
昨日今日でずいぶん梅も蕾も膨らんだかしら~~(*^_^*)

名古屋

同じ日に名古屋方面へお出かけだったのね~(^-^)/
どこかのSAですれ違っていたかも(o^^o)
名古屋によく行くのに、徳川美術館へ
行った事ないです(^^;;
豪華絢爛なお雛様見ると、ひな祭り気分いっぱいになっていいな(^_-)-☆

梅や桜も、今年は遅めなんだね~
また、寒くなるらしいし、気温の変化についてくの大変(^^;;

たんぽぽちゃん~

ホント!サービスエリアのトイレで入れ違ってたかも!(。・w・。 ) ププッ
たんぽぽちゃんとは以前にも名古屋コンベンションですぐ近くにいたのよね~~
御縁があるんだわ、きっと♪

徳川美術館のお雛様、年配の女性でいっぱいでした(笑)
お母様も興味あるかも?(^u^)

今年は花も咲き時をためらってるのかも・・


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lavechan.blog23.fc2.com/tb.php/1412-ffb40498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北野天満宮の梅 «  | BLOG TOP |  » シーズン開幕~

来て頂いてありがとう

ラベンダー

Author:ラベンダー
植物画・トールペイント・切り絵・ゴルフ・おでかけを趣味として、比較的気ままな人生送っています。o(*^▽^*)o

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。